【書評】樺沢紫苑『学びを結果に変える アウトプット大全』の内容と要約

アウトプット大全

「自己成長したい」

みなさんはそう思っていろんな本を読んだりしていますよね。

でもそれって本当に意味あるのでしょうか?

読んで終わりになってる人いませんか?

僕も少し前までは自己啓蒙本を読んで意識高めて「人生変えるで!」とか思ってたんだけど、

読んだだけじゃ絶対変わりません。

インプットした情報を外に発信しないと意味がないんです。

じゃあどうしたら良いのか?

人生を変えるために外部に発信するアウトプット法を教えてくれるのが今回紹介する「アウトプット大全」です。

この本はこんな方にオススメ

  • インプットばかりしている方
  • 新しいこと学びたいことがある方
  • アウトプットの方法を知りたい方
  • もっとアウトプットを高めたい方

ノウハウコレクターの考えがいい意味でぶっ壊れます。

この本の著者は精神科医の樺沢紫苑さんは

  • メルマガ毎日更新13年
  • Facebook毎日更新8年
  • YouTube毎日更新5年
  • 毎日3時間以上の執筆を11年
  • 毎年2〜3冊の本出版
  • 講演およびセミナー

圧倒的な継続力でアウトプットしまくってます。

そんな著者が送る「アウトプット方法」の全てが詰まってます。

これを読んで行動すれば、インプットだけするノウハウコレクターの自分とおさらばできますよ!

アウトプット大全ってどんな本?

はじめにこの本がどんな本であるかをざっくりと説明すると、

自分が成長するためのカギを教えてくれる本です。

成長というのは人によって違いますが

  • 自分の意見を上手く伝えたい
  • 交渉や営業を得意になりたい
  • いいアイデアが浮かぶようになりたい
  • 仕事や勉強の成果をもっと出したい

今よりもっとできるようになることです。

そもそもインプットとアウトプットというのは何かというと

インプット脳の中に情報を入れること

  • 本を読む
  • 話を聞く

というのがインプット(入力)になります。

対してアウトプット脳の中の情報を外にだすこと

  • 話す
  • 書く
  • 行動する

というものがアウトプット(出力)になります。

結果を出している人ほどアウトプットを大事にしているといい、アウトプットの方法と心構えを教えてくれる本です。

アウトプット大全で学んだこと

すぐにアウトプットできる方法がある

インプットしたことをすぐにアウトプットできたらどれだけ楽なのか・・・

そんな方法があるんです。

これが誰でもできて簡単。

  • 人に話す、説明する
  • 質問する
  • 書く
  • 行動する
  • 教える

これらは今すぐにでもできるアウトプット方法です。

相手がいれば話せば良いんです。

相手がいなくてもノートやブログに書くことはできます。

行動するのも自分次第。

ダイエットなら「毎日30分走ろう」などの行動です。

結局、自分のやる気次第で変わるということです。

アウトプットの6つメリット

「じゃあこれからアウトプットしていくぞ!」

そんな気持ちが湧くようなアウトプットで得られるメリットをまとめました。

アウトプットのメリット
  1. 記憶に残る
  2. 行動が変わる
  3. 現実が変わる
  4. 自己成長する
  5. 楽しい
  6. 圧倒的な結果が出る

ここからはダイエットを例にあげて説明していきます。

①の記憶に残るについては、自らやったことは結構記憶に残ります。

運動しているときに得られる情報は

  • 走った時間、距離、場所
  • 走ってたとの辛さ、疲れ

とかです。

「苦しかった、辛かった」とかは感情に訴えかける情報なので忘れにくいです。

②の行動が変わるというのは「もっと痩せたい」と思うと行動が変わってきます。

  • 走る距離が長くなる
  • 走る日数が増える(週3回→週5回)
  • 食後のデザートをやめる
  • 食生活が変わる

などは行動が変わった証拠です。

③の現実が変わるというのはやったことが結果になって現れることです。

  • 体重が3キロ痩せた
  • ウエストが10cm細くなった

などは最高の結果ですね。

④の自己成長するというのははこれまで行った過程と結果が成長した証となります。

⑤の楽しいは結果が出たこともありますが、その過程が楽しくなってくることをいいます。

ダイエットであれば、

  • もっとバランスの良い食事を摂る方法を考える
  • 違う運動を取り入れる
  • 興味のあるダイエット法をやってみる

などです。

結果を出すための過程を楽しむことができるようになります。

最後の⑥の圧倒的な結果となるというのが1番すごいメリットです。

これまで行ったこと以外にも、これまでの行動が取り上げられて書籍化やメディア化といった自分が想像している以上の効果が生まれる可能性も出てきます。

アウトプットってやばいですね・・・

やらないと損しますよ。

インプットとアウトプットの黄金比は3:7

先ほどから「アウトプットすることが大事!」と書いてますが、インプットとアウトプットはどのくらいの割合で実践していくのが良いのでしょうか。

1番良い割合かはある実験データが教えてくれます。

人物のプロフィールを覚えて暗唱するという実験を行ったところ、

覚えた時間を30%、練習した時間を70%費やしたグループが一番良い結果になったそうです。

覚えた時間=インプット

練習した時間=アウトプット

インプット:アウトプットの黄金比は3:7ということになります。

「勉強しているのに成果が出ない」というのはインプットが過剰でアウトプットが不足しているからなんです。

学生時代のころ教科書の丸暗記(インプット)で挑んだテストがダメで追試になり、過去問や問題集を解いたとき(アウトプット)のほうがテストの点数で合格点に達したということがありました。

当時はその比率は意識していませんが、アウトプットした方が頭に残るというのは間違いないということがわかります。

内容をインプットしまくっても結果にならないことが多く、むしろアウトプットしたほうが結果が出る

ということですね。

  • インプットとアウトプットの黄金比は3:7
  • アウトプットしないと効果が出ない

 

自己成長にはアウトプットの繰り返しが必要なこと

この本を読む前までの僕はアウトプットした方が良いというのはなんとなくわかっていたけど、

インプットしたことをその場面に応じてやればよくない?

って思ってました。

でもコレが非常に難しい。

だって普通に生活していたらインプットしかしません。

  • 本を読む
  • 映画を見る
  • 音楽を聴く

どれも全部インプット。

アウトプットは一切ありません。

先ほども書きましたが、大事なのはインプットしたことをアウトプットすること。

このアウトプットを1回きりにするのではなくて何度も何度も繰り返すことが大事なんです。

本を読んだり、映画を見たら

  • 感想を友だちに話す
  • SNSに投稿する
  • ブログに書く

などできます。。

これを何度も繰り返すと本や映画の内容がインプットしたときよりも頭に残ります。

大事なのはインプット・アウトプットのサイクルを繰り返して継続すること!

継続は力なり!

って本当のことなんだなと感じます。

【書評】学びを結果に変える「アウトプット大全」で学んだことのまとめ

今回は「アウトプット大全」で学んだことをまとめました。

アウトプット大全のまとめ
  • アウトプットにはメリットがある
  • インプットとアウトプットの黄金比は3:7
  • インプットとアウトプットのサイクルを繰り返すと効果が出る

この記事に書いていることはこの本の一部で全てではありません。

僕がこの本を読んで感じたことは

「アウトプットすると結果が出るならやって成長したい!」

です。

僕はこれまで「速読して効率アップする」とかの本を読んだりしました。

「文章を読まずに流して読むのを繰り返しページをめくれ」とか書いてあって、自分には無理だと悟りやらずに本棚に飾ってあります。

いわゆるアウトプットがゼロの状態。

自己成長することができませんでした。

でもこの本はアウトプットの仕方がわかりやすく誰にでもできそうなことが書いてます。

自己啓蒙本を読んで大事なことって自分ができるかどうかですよね。

できないなら読む意味すらない。

この本は自分にもできることを書いている本でした。

アウトプットしまくっている著者が教えてくれる伝え方、書き方、行動の仕方など日常やビジネスの場でも使えることが多く書かれています。

「今までの自分とおさらばして成長したい」

そう感じている方に手にとってほしいのが「アウトプット大全」です。

僕もこれで学んだことを活かしてアウトプットを積み上げていきます。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。