スマホ

【スマホ依存】やめるだけで人生が変わる!4つの時間を奪う影響

スマホが奪う4つの時間

生きるために必須のアイテムになったスマホ。

これがないと生きていけないほど便利ですよね。

  • ネットですぐに検索できる
  • 地図アプリで目的地に迷わず行ける
  • SNSで情報収集や交流ができる
  • 財布なしでスマホで支払いも可能

便利すぎてほとんどの人が持っています。

そんな便利なスマホも使い方次第ではあなたの大事なものを奪っていきます。

それは時間です。

この記事はあなたが以下のような方なら読む価値がある記事

  • 暇があるとスマホを見ちゃう
  • スマホに集中していて、時間が気がついたら過ぎている
  • 学校や会社の昼休みはスマホをいじる時間だ
  • 四六時中スマホを手放せない

スマホをいじっている時間を使うだけで、生活が変わる。

いや、人生が変わるほど大切な時間を奪っているんです。

その奪っている時間は以下の4つ。

  • 睡眠時間
  • 趣味の時間
  • 勉強の時間
  • 考える時間

この記事は「スマホはあなたからこんなにも大切な時間を奪っているよ」というのを記事。

スマホは便利だけど、使い方次第。

奪われている時間の大切さを知りましょう。

スマホが奪う大切な4つの時間!

奪われる睡眠時間!光を見ると眠れなくなる

「夜寝る前にスマホをチェックします」

やってる人多いですが、これをやると確実に睡眠時間は落ちます。

その原因はスマホが放つ光のブルーライト。

ブルーライトを浴びると、睡眠を促すメラトニンが抑えられてしまうからです。

メラトニンは睡眠に大きな関係があるホルモンで脳から分泌されています。

体内時計を調節する作用を持っています。

このメラトニンが1日で一番分泌されるのは夜。

夜に光を浴びると脳は昼と判断してしまって眠気が抑えられるので、眠れなくなってしまうのです。

ブルーライトが睡眠にどのくらい影響するのかを検証した結果も出ています。

寝る1時間前にブルーライトを50%カットしたメガネでスマホを見たときとブルーライトをカットしない普通のメガネで見たときで比較したところ、

3日目までは睡眠時間に差はありませんでしたが、4日目以降では普通のメガネで見ていたときのほうが睡眠時間が短くなりました。

また、日中の活動度も普通のメガネで見ていたときのほうが低くなったのです。

よって、以下のことが証明されました。

寝る前にスマホを見ると、

  • ブルーライトが目に入り、長時間眠れなくなる。
  • 日中の活動にも影響する。

他にも睡眠不足によってメラトニンの分泌が減ると、肥満や生活習慣病の原因になりやすいという報告もされています。

寝る前のスマホチェックは体に良くないということがわかります。




スマホのダラダラ使用であなたのストレス発散の時間を奪う!

こんなことはありませんか?

男性
男性
1日休みだし趣味を思いっきり楽しもうと思っていたけど、スマホをいじっていたら気がついたら夜だった。

明日が仕事だと悲しいですよね。

スマホ依存の人は普通に起こりえるので恐ろしい。

だって1日を無駄にするんですよ?

怖すぎる、というかもったいない!!

さすがにこれは極端すぎる例ですが、ちょっとだけにしようと思っていたら結構な時間が経ってるというのはよくあるはずです。

この時間の積み重ねがあなたのストレス発散の時間を奪っているんです。

ストレス発散になるものといえば以下のようなもの。

  • 映画鑑賞
  • 音楽鑑賞
  • アニメ、マンガ、ゲーム
  • スポーツ
  • ドライブ

スマホ依存しているならば、あなたの好きなことをやる時間が確実に減ります。

これはあなたにとって非常に良くないこと。

今のあなたは趣味の時間がこれまでと比べて減っていませんか?

もし減っていたら、その原因はスマホによるものかもしれません。

スマホは勉強の時間を奪う!マルチタスクは効果が薄い!

もしあなたがスマホ依存の場合、資格試験や仕事で学ばなければならない勉強する時間が確実に少なくなります。

あなたの人生にも影響が出てきます。

スマホを見ながらでも勉強できてるよ!

いわゆる「ながら学習」というものですがこれはマルチタスクというのに当てはまります。

マルチタスクは作業効率の低下、生産性の低くなるというのが証明されています。

その良くない例の1つが運転中のながらスマホ、

運転+スマホというの最悪なマルチタスク。

その結果、重大な事故を起こしたりというのが社会問題になっていますよね。

ながらスマホは立派な違反です。絶対にやめましょう。

これは勉強でスマホを使うのも同じこと。

勉強に集中できず、学習内容を頭に残すことができません。

時間を奪うだけでなく、効果が薄いなら意味がないってことです。

スマホは考える時間を奪う!思考力低下の原因になる

分からないことがあればスマホで調べてすぐに解決できます。

しかし、このことがあなたから疑問に思ったことに対して考える時間を奪っているんです。

「そんなことないでしょ」

と思う方がいると思うので身近な例を挙げましょう。

スマホを使ってから漢字が思い出せない、書けないという経験はありませんか?

読めるけど、書けないというのは大人の多くが経験してるのではないでしょうか。

文字をスマホで打てば、予測変換で漢字が出てきますよね。

それを選べば良いだけ。

考える時間など必要ありません。

この考える時間が減ると考えることすらしなくなる。

簡単に言うと「バカになる」ということです。

僕もスマホを持ってから、これまで以上に漢字が思い出せなくなって書けなくなりました。

それくらいスマホの影響があなたには起こっています。

先ほどの考える時間が減るというのに話を戻しましょう。

わからないから検索するというのはたしかに大事なことです。

しかし、そこに書いてあることが全てが正しいわけではありませんよね。

あなたが解決したい問題があったとして、検索でヒットしました。

ヒットした内容を自分の考えにしたら、あなたは1秒も考えていないことになります。

考える時間が減ると、思考する能力が失われます。

思考力は問題に直面したときになくてはならないものです。

というか、スマホが使えなくなったときに自分で考えて行動する力がなかったら生きていけないよねっていう話。

災害などの通信障害で一切スマホを使えなくなったとき、大きな被害を受けるのはあなたです。

スマホ依存は自分で考える時間を奪うだけでなく、考える力も低下させます。

スマホをやめるだけで人生が変わる!あなたから奪う4つの時間と影響のまとめ

今回はスマホはあなたの時間を無意識に奪っているというのを紹介させていただきました。

ここにタイトルを入力
  • スマホは睡眠時間を奪う
  • スマホはストレス発散の時間を奪う
  • スマホは勉強の時間を奪う
  • スマホは思考力を低下させる

時間は有限なのに自分で時間をなくしているんです。

ちなみに僕も経験があることばかり。

「考える時間を奪う」というのは生きていくのに必要な思考力がなくなっていくんです。

その他にも育児でスマホを使うのも子どもに悪いことが証明されていて【親必見】育児中にスマホはダメ!子どもに与える3つの悪影響に詳しく書きました。

時間をうまく使って、人生を有意義に過ごしたい!

それなら普段のスマホの使い方を見直してみましょう!

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。