レビュー

読書メーターで本の記録と管理をしよう!誰でも利用可能で無料

本棚に収まる本

読書ブロガー(自分で言ってみたいだけ)のクロフネ@asnprprです。

読み終わった本が増えて、達成感と文学に触れる楽しさを同時に感じています。

「読んだ本を記録に残したい」

という欲求が次第に高まってきました。

「読書量を記録できるアプリとかないかな」と思って探していたら本管理アプリの「ブクログ」がありました。

感想をアプリにまとめたり、読んだ本などを保存することができるのがブクログ。

デメリットといえば、他人と読んだ本の内容を共有するという点が弱いところ。

ツイッターやフェイスブックなどで他人と共有するソーシャルボタンなどがないんです。

「自分が読んだ本を他の人はどう感じているのか。」

「自分の感じたことを多くの人に共有してもらいたい!」

そんな欲求に応えるアプリ「読書メーター」を使ってみたので紹介していきます。

読んだ本を記録して、新しい本に出会おう – 読書メーター

本の記録ができる読書メーター。

読書メーター 

他のアプリと違っている最大の特徴は「他人と本の内容の共有が強い」ということ

感想を投稿してみると、思いのほか反応があってビックリしました。

読んだ本について思いを燻らせている方は利用しないともったいないですよ!

「読書メーター」でできること

本を記録して管理することができる

読書メーターは本の記録と管理をすることができます。

ブクログについては以前に紹介しています。

 

ブクログと異なるのは、自分が読んだページ数が分かる点です。

読書メーターのページ数の画面

こちらの画像を見ると、読んだ本の数ページ数が記録されています。

目に見えて読書量が分かるのは積み重ねを感じることができて嬉しいですよね。

読書メーターの読書した著者別のグラフ

こちらの画像では、読んだ本の著者がグラフになってわかります。

「この人の作品が好きだな」というのを知ることができますね。

私の場合は東野圭吾作品を多く読んでいることがわかります。

好きな著者の読んだ本が増えていくのが嬉しくなる機能です。

感想を投稿して共有することもできる

本を読み終えたら、その本の感想をどなたも持つと思います。

  • 面白かった
  • ここが感動した
  • 難しかった
  • いい作品だった

そんな自分の感想を書いて投稿することができます。

投稿した感想は他の人がその本を検索した際に出てきます。

ここからいいね!とかもらったりもします。

読書メーターに投稿した感想

僕が「民王」を読んだときに投稿した感想の画像です。

twitterでいうところの【いいね!】にあたるのが★ナイスです。

感想を書くと押してもらえます。

そのことがお金になるというわけじゃありませんが反応があると嬉しいですよね。

「あ、見てくれている人がいるんだ」

「同じような感想を持った人がいるんだ」

読書という世界が個人のものでないというのを感じることができる瞬間です。

読書メーターの活用の仕方

SNSアカウントがあれば登録不要で利用することが可能

「本を管理したいけど、登録が面倒だ」

こんな方に朗報です。

読書メーターはtwitter、facebookなどのSNSのアカウントで連携すればログインして利用することができます。

使いたいと思い立ったときに使えるのは良いですよね。

スマホ・ブラウザの両方で利用可能

スマホで本を管理しているときに厄介なのは、スマホがないときに利用できないこと。

家にいるとスマホよりもPCを利用する人って結構いるはず。

書斎にいる時とかPCで作業中とか。

そういうときにブラウザでも利用できるのは非常に助かります。

読書メーターの本棚を使うことで買い逃し・被りを防ぐ

マンガ本とかシリーズ物の小説とかを購入していると、

「アレ?この巻買ったっけ?」

ということが度々あるはず。

本屋に立ち寄ったときに買っているマンガの続刊を見たのに、買ったかどうか不安になって家に帰り、本棚を見てその巻がないことに気づくっていうのを何度もやっていました。

ないと思って買ったら本棚にあったということも何度かしていました。

時間の無駄、お金の無駄・・・

そういったことも読書メーターで本を登録しておけばその心配はなくなります。

完全無料で利用可能

課金するところもなく、完全無料で利用可能です。

本棚って結構なお値段しますからね。

感想を投稿し、共有できる

先程とか被ってしまいますが、一番のメリットはこれです。

1人で読んでいる本を他者と共有できる機会ってなかなかないですよね。

レビューを見ても、最初からアンチが湧いていたりとかも多いです。

自分が思ったことを書いたら、反応があるというのは嬉しいはず。

誰のためにというよりは自分のためにというのがベストですけどね。

実際に読書メーターの投稿してみた

映画も小説も大ブレイクした「君の膵臓をたべたい」

以前、読み終わりに感想を投稿してみました。

f:id:asnprpr:20190221183620p:plain

★ナイスの数が55。

「感想を書いただけで・・・こんなに押されるとは・・・」

普通にビビりました。

驚きのあまり無表情

下手なこと書けないじゃないか!!

プレッシャーで筆が震えますよね。

筆じゃないし、震えませんけど。

それくらい反応がもらえるということです。

書いた感想に反応が欲しい方におすすめです。

僕は超嬉しかったですよ!

読書メーターで本の記録と管理をしよう!誰でも利用可能で無料

本を管理しながら、他人と感想を共有できる読書メーター。

読書好きとしてはこれを使わない手はないでしょう。

読書を始めて2ヶ月くらいのひよっこ読書家のクロフネですが、感想を投稿するのが楽しくなっています。

ブログとかで発信するよりもハードルが低く、気軽にできるというのが良い点です。

承認欲求が満たされるのも精神的にプラスに働くはず。

自分が読みたい本を読み、感想を投稿するだけでです。

完全無料ですから、さあ使いましょう。

読んだ本を記録して、新しい本に出会おう – 読書メーター

これまでこんな書評を書いてます。

よろしければどうぞ〜。

ABOUT ME
asnprpr
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。