生活

【育児の悩み】子どものおむつ交換が苦手なパパが多いのはなぜ?|克服するアドバイス

おむつ交換

双子が生まれてあっという間に1年が過ぎました。

僕は「イクメン」という言葉が嫌いです。

今まで1度も使ったことがないし、使いたいとも思ったことがありません。

「あのパパさんイクメンだね」とか死んでも言われたくないし、こちらから願い下げしたいレベルで嫌いなワードなんです。

だから僕は自分が良い父親・パパであるという自信の持って言うことができません。

というか自信を持って「俺、めっちゃ育児やってるし、マジ貢献してるわ〜」みたいな人を見たら、

ぶっ飛ばしたくなるレベルです。

そんな自信がないという僕でも「なんでだろう」という疑問がいくつかあって、その1つが

おむつ交換が苦手なパパ多すぎ問題です。

twitterとか見ていても結構な数で悩んでいるママさんが多くみられます。

この記事ではなぜおむつ交換が苦手なパパが多いのかをテーマにして

  • なぜ男は子どものおむつ交換をしたがらないのか
  • パパにおむつ交換をさせるためには

これらについて注目しています。

「おむつ交換もせずに育児をしていると思うなよ?」

と男目線の指摘ですので、ゆるりと読んでください。

オムツ交換が苦手なパパが多いのはなぜなのか

おしっこ・うんちのにおいがきついから

普段からおむつ交換をしている人はあまり気にすることなく交換できますが、たまにしか交換しないパパさんには結構きついにおいです。

でもよく考えてみましょう。

おしっことうんちが臭わないわけないじゃないですか。

交換してしまえばニオイはなくなりますし、そのときだけって考えれば別になんとも思わないけどなーって僕は思います。

おむつ交換がめんどくさいと思っているから

こんなことを思っているパパさんもいるんでしょう。

でもそんなめんどくさいことじゃありません。

5分もすれば終わることですしね。

むしろめんどくさいと思っているのは、普段からおむつ交換をしていない証拠。

そんなパパさんはさすがにいないですよねえ。

パパさんにおむつ交換をさせるためにママさんへのアドバイス

最初からおむつ交換をしてもらう

ママさんは育児で忙しいながらも、赤ちゃんのためなら自分でやる方が多いです。

なぜなら、そのほうがすばやく終わって次にしないといけないことができるからです。

でもそれだとパパさんは何もやれなくなってしまいます。

「あ、自分はやらなくていいんだ」

男って単純だから、楽な考えを持ってしまうんです。

おむつ交換に慣れていないから遅いのはわかります。

でもやらせましょう。

そのほうが後で頼るときに頼りになるはずです。

「ありがとう」と言ってくれるだけで旦那さんのやる気が変わります。

男って単純だからさ(2回目)。

「ありがとう」と言ってくれるだけで、やる気が変わってくるんです。

なぜわかるのか。

それは自分がそうだったからです。

僕の場合は

  • 自分の子どもだし、おむつ交換とかして当然だよな〜
  • おしっことかうんちに抵抗がないし
  • というかやって当たり前だろ

くらいに思っていました。

でもね

「ありがとう」って言葉は魔法の言葉で、言われると嬉しいんですよ。

やったら感謝されるんだっていうのだけで、パパさんの今後が変わってきます。

【育児の悩み】子どものおむつ交換が苦手なパパが多いのはなぜ?|克服するためのアドバイスのまとめ

今回は僕が以前から感じていたおむつ交換が苦手なパパについて注目してみました。

  • おしっこやうんちのニオイがきつい
  • 単純にめんどくさいと思っている

これらはやらない理由になりません。

パパにおむつ交換をしてもらうためにママさんへのアドバイスのまとめは

ママへのアドバイス
  • 最初からおむつ交換をしてもらう
  • 「ありがとう」と言葉で伝える

双子のパパである僕が苦手なパパの意識を変えるために考えたアドバイスはたったこれだけ。

というか

これだけやれば十分!

あとはやらなかったら、パパさんが悪いでいいんです。

「頼まれなくてもやってくれる」

めんどくさいけど、そうさせるのって結構大事です。

今後の育児にどれだけ協力してくれるかは最初の動きで決まってきます。

ママさん、でっかい大人も面倒を見てできるようにしておきましょう。

パパさん、やってなかったらもっと頑張りましょうね!

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。