スマホ

LINEモバイルで買えるOPPO(オッポ)スマホは高性能・コスパ最高の機種!

R17Pro

LINEモバイルを使って格安スマホライフを送っているクロフネです。

これまでにもLINEモバイルに関連する記事を書いてきました。

快適なスマホライフを送ることができて、大満足となっています。

そのわけはLINEモバイルの月額スマホ料金は本当に安くなる3つの理由に書いています。

しかし、大満足の中にも少しばかり心残りがあります。

それは使用している端末iPhoneXSが非常に高価だったということ。

SIMフリーのiPhoneXSは端末代だけで一番安いので11万オーバーというスマホの中でも一番の高さです。

iPhoneXSはもちろん気に入ってます。

それなのに心残りを感じてしまうのはLINEモバイル契約時に同時に購入できるスマホが安すぎるからです。

その中でも気になったのが【OPPO(オッポ)】というメーカーのスマホ。

OPPO(オッポ)というメーカーを知ってますか?

ほとんどの人は馴染みがないはず。

僕は最近になって知りました。

このメーカーのスマホについて調べると、結構良いスマホを作っていることがわかりました。

今回の記事はLINEモバイルで購入できる【OPPO】スマホを紹介していく記事。

格安SIMにLINEモバイルにするのは決めたけど、どの機種にするか決めていない人の悩みを解消できる記事になっています。

高機能で安いOPPO製スマホ。

LINEモバイルでスマホを購入する方が満足できるスマホです。

LINEモバイルで購入できる【OPPO】スマホについて

【OPPO】ってどんなメーカー?

自分が使うであろうスマホのメーカーが信用できるかどうかって大事ですよね。

というわけで最初に【OPPO】がどんなメーカーを簡単に説明していきます。

日本では馴染みがないOPPO(オッポ)ですが、2018年の全世界のスマホシェアランキングで第5位につけている中国の会社です。

中国製スマホのHUAWAY(ファーウェイ)と並ぶ人気となっています。

OPPOのスマホが日本で売られてまだ3年ほどしか経っていないので知名度は低いですが、中国と世界ではかなりのシェアを誇っていることから信頼できるメーカーです。

ファーウェイはGoogleで取引停止のニュースが出たりと、使うにはちょっと不安なメーカーになってしまいました。

「ファーウェイに代わりそうなスマホメーカーはOPPOじゃないか?」と言われるくらい勢いのあるメーカーとなっています。

LINEモバイルで使えるOPPOスマホは2種類

LINEモバイルで購入できるOPPOスマホは2種類あります。

  • R15 Neo
  • R17   Pro

どちらのスマホもau、docomo、softbankのすべての回線で使用可能です。

端末本体価格はスマホとしてはかなり安い部類です。

ここからはそれぞれを詳しく見ていきます。

R15 Neoの特徴

R15NeoR15Neo

色はダイヤモンドピンクとダイヤモンドブルーの2種類。

ダイヤモンドというだけあって輝いています。

R15Neoの最大の特徴は常識を超えたコストパフォーマンスです。

まずはバッテリーを見てみましょう。

バッテリー容量は4230mAh。

R1Neoのバッテリー容量

アプリを使いながらの連続使用で17時間、動画視聴で13時間。

非常に長くバッテリーが持ちます。

次に気になるのはカメラ。

デュアルカメラによるA.Iポートレート機能で自然なぼかしを演出。

自撮りにうってつけの機能は被写体になったあなたを強調して、写真の主役にしてくれます。

さらに驚くべきなのはA.Iビューティー機能を搭載していること。

この機能でいつでもキレイな自分を写真に残すことができます。

次は画面サイズ。

R15Neoの画面サイズ

6.2インチで画面占有率は88.8%。

大画面のスマホを体感することができます。

スマホ容量は64GB。

写真やアプリ、動画などを多く保存できる容量です。

あとはスマホゲームをする人には嬉しいゲーム加速モードもあります。

ゲーム中のフリーズや動きのカクつきといったストレスを軽減させます。

そしてこちらのスマホの端末価格は

<div class=”simple-box1″><p>

一括払い:27,950円(税込)

分割払い(24回):1,253円(税込)/月

</p></div>

これは安すぎますね。

コスパ重視というだけあります。

R15Neoの特徴をまとめました。

R15Neoの特徴
  • バッテリーが大容量
  • 高機能カメラで自撮りもキレイ
  • 画面サイズが大きい
  • 64GBの大容量ストレージ
  • ゲームするときのストレスを軽減
  • スマホ端末が安すぎる

コスパ重視のスマホを選ぶならR15Neoでしょう。

R17 Proの特徴

R17 ProR17Proエメラルドグリーン

グラデーションが派手で目立つカラーをしているR17Proです。

端末にはこちらの画像のミストグラデーションとエメラルドグリーンの2種類あります。

R17Proは先程紹介したR15Neoよりもさらに高性能と思ってください。

R17Proでまず目につくのは画面の大きさです。

その大きさは6.4インチ。

R15Neoは6.2インチだったのでちょっと大きくなっています。

画面占有率は驚異の91.5%

iPhoneXSよりも遥かに大きいです。

大きな画面を持つスマホを求めるユーザーには嬉しいサイズです。

次に気になるのはカメラの性能。

R17Proのすごい機能は美しい夜景を綺麗なまま写真に残すことができる「ウルトラナイトモード」を搭載。

R17Proで撮った夜景の写真は以下のリンクのように撮れるようです。

<div class=”concept-box5″><p>

【写真レビュー】夜景スマホ R17 Proのカメラ実力を徹底解剖!

</p></div>

思わず溜め息が漏れちゃうほどの美しさです。

もちろん手ぶれ補正機能を搭載していて手ブレを軽減。

カメラで注目したいのはセルフィー機能が非常に高いこと。

セルフィーカメラの画素数は驚異の2,500万画素。

他のスマホではあり得ないレベルでの画素数です。

R15Neoよりもさらにアップしています。

搭載されているA.Iビューティー機能で顔の輪郭や目、鼻、口などのパーツを自分の好みに調節することも可能!

一番美しい自分の顔を自撮りでも残すことができます。

「最高にキレイなインスタ映えする写真を撮りたい!」

そんなニーズにしっかり応えるスマホです。

僕が「これはすごい」と感じたのはわずか10分で40%充電することができるという点です。

R17Proフラッシュチャージ

フラッシュチャージという機能で光速と言って良い速さです。

出かける前に電池がなくても、ちょっと充電すれば安心できます。

バッテリーは3700mAhと大容量なので、電池切れを心配する必要もなくなります。

大容量で充電も速い!言うことなしです。

データ容量は128GBとR15Neoの2倍の容量になっています。

空き容量に困ることがない十分過ぎほどの大容量です。

ちょっとネックなのはスマホ端末価格。

一括払い:75,470円(税込)

<div class=”concept-box2″><p>

LINEモバイルで買うと分割払いができず、一括払いのみになっています。

</p></div>

紹介した機能を考えるとこのくらいの値段でも仕方ないかなと。

それでもiPhoneXSと比較すると、4万円以上安いです。

R17 Proの特徴のまとめ
  • 画面が大きい
  • カメラが超高性能
  • バッテリー大容量
  • 充電スピードも速い
  • スマホ端末が7.5万円

実用的な機能たっぷりで十分良いスマホです。

 

LINEモバイルで買える【OPPO】スマホについて

今回紹介したR15NeoとR17ProはLINEモバイルで買うことができるスマホです。

価格が非常に安くてコスパの良いR15Neo。

価格は高いけど高性能なスマホのR17Pro。

どちらを選んでも後悔することはないスマホです。

自分がどの部分を重視するかで選ぶのが良いと感じました。

それくらいOPPO製のスマホは良い製品だと思います。

僕も次はOPPO製のスマホにしようとしているくらいです。

これからLINEモバイルでスマホを選ぼうとしている方が納得できるスマホ。

この記事を読んで購入してくれた方がいたら嬉しいです。

使わなくなったスマホをすぐに下取りに出すのはもったいないです。解約して使わなくなったスマホ・iPhoneを有効活用の4つの方法で活用法を紹介しています。

他にもLINEモバイルの記事を書いています。参考にしてください。

 

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。