格安SIM

LINEモバイルで通信料が無料になるデータフリーで注意するポイント

LINEモバイルデータフリーサービス

LINEモバイルで快適なスマホライフを送っているクロフネです。

格安SIMのLINEモバイル。

最大の特徴はSNS使い放題(データフリー)プランがあることです。

LINE、Twitter、facebook、InstagramなどのSNSのデータ通信料がかからなくなる利用者にとってはとても嬉しいサービス。

しかし、注意していなければSNS使い放題の恩恵を受けることができないという落とし穴にはまってしまう可能性があります。

  • LINEモバイルに興味がある方
  • LINEモバイルを賢く使いたい方
  • SNSを多く使う方
  • データフリーについて良くわからない方

この記事ではLINEモバイルを使うにあたって気をつけるべきポイントを5つ解説していきます。

思わぬ落とし穴にはまらないようにしましょう!


LINEモバイルのデータフリーで注意するべきポイント

データフリーについての説明と3つの契約プラン

「データフリーってなんだよ」という人に対して簡単に説明していきます。

データフリーとは対象のサービスにおいては、データ通信量を消費しないことです。

つまり、対象サービスはずっと高速通信で利用することが可能なんです。

LINEモバイルのデータフリー対象サービスは

  • LINE
  • Twitter
  • facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC

以上の5つです。

契約プランによってデータフリーの対象が変わってきます。

契約プランはこの3つだけ!

  • LINEフリー
  • コミュニケーションフリー
  • MUSIC+

LINEフリーではLINEがデータフリーになっています。

コミュニケーションフリーではLINE、Twitter、facebook、Instagramがデータフリー。

MUSIC+ではコミュニケーションフリーにLINE MUSICが加わり、すべてがデータフリーとなっています。

スマホの使い方しだいで変わってくるので気にしておくべきポイントです。

データフリー対象にならない機能がある

対象サービスのデータ消費量がゼロになるデータフリーですが、一部その対象にならない機能があるので注意が必要です。

その一部の機能を使用している場合はデータ通信量を消費しているので、契約しているギガ数を超えてしまうと制限されてしまいます。

LINE、Twitter、facebook、Instagram、LINE MUSICのすべてサービスにデータフリーの対象にならない機能があるので、詳しく説明していきます。

LINEのデータフリー

LINEのデータフリーの対象になるサービスから。

  • LINEでのトーク(音声、画像、動画など)
  • LINEでの通話
  • タイムラインへの投稿
  • 友だちの追加、閲覧
  • ニュース、トップカテゴリの閲覧
  • ウォレットの追加
  • スタンプ、着せ替え機能のダウンロード
  • アカウントの設定

基本的なLINEの機能には影響がありません。

連絡手段のみで使用する人は気にせず使ってOKです。

ここからは注意すべき点です。

  • 外部リンクへの接続
  • グループ内のliveの利用
  • ニュースの詳細閲覧
  • スタンプ・着せ替えショップの利用
  • LINE pay、送金、コードリーダー、請求書支払い、LINEポイントの利用
  • LINEが提供する他のサービス

「他のブラウザとかに接続したら基本的にはデータ消費するんだな」と思ってください。

スタンプショップやLINE payの利用をする場合は注意ですね。

他の着せ替え機能とかはやっている方だけ注意しましょう。

(僕はそんな機能があることすら知らなかったよ・・・)

Twitterのデータフリー

SNSの中でもかなり利用されている方が多いであろうTwitter。

まずはデータフリー対象の機能です。

  • ツイートの投稿
  • ツイートの閲覧(画像、動画を含む)
  • トレンド、モーメント、通知、ダイレクトメッセージの利用
  • プロフィール、アカウントの編集
  • webブラウザでの利用

次は注意するべきデータフリー対象にならない機能です。

  • 外部リンクへの接続
  • ツイートに含まれるYoutubeなどの動画の視聴
  • ライブ動画(Periscope)の配信と視聴
  • 公式アプリ以外での利用

要注意なのは、公式アプリ以外でのTwitterの利用です。

Twitterにはさまざまな便利なアプリがあります。

使うアプリは公式のアプリにしましょう。

facebookのデータフリー

実名で登録することでビジネスなどにも利用されるfacebook。

そんなfacebookのデータフリーの対象についてです。

  • フィードの閲覧、投稿(画像、動画の視聴を含む)
  • リクエスト、お知らせ等の閲覧
  • プロフィール設定、プライバシーの閲覧と編集
  • webブラウザでの利用

続いては注意するべきデータフリー対象にならないサービスです。

  • 外部リンクへの接続
  • 投稿に含まれるYoutubeなどの動画の視聴
  • ライブ動画の配信、閲覧
  • Messengerの利用

TwitterのダイレクトメッセージにあたるMessengerの利用がデータフリー対象外

相手にメッセージを送ると、データ通信量が取られるSNS使い放題とは一体。

それだけ利用者が多くないということでしょうか。

Instagramのデータフリー

リア充が多くやっている(勝手なイメージ)Instagram。

他のSNSと比べて、女の子が多く利用している人気のSNSですね。

そんな人気のInstagramのデータフリーです。

  • タイムラインの閲覧、投稿
  • ストーリーズの利用
  • 検索の利用(画像、動画もOK)
  • メッセージの利用
  • プロフィール設定
  • webブラウザでの利用

Twitterのデータフリーとほとんど変わらないほどの充実ぶりです。

次は注意するべきデータフリー対象でないものです。

  • 外部リンクへの接続
  • Live動画の配信、閲覧

「今の自分をありのままに伝えたい!」

そんな今ドキ女子はLive動画の配信がデータフリー対象外なので要注意です。

インスタ映えスポットで友だちと一緒にLive配信したときに、ちゃっかりデータ消費されるとかありそうです。

LINE  MUSICのデータフリー

楽曲の視聴やダウンロードができるLINE  MUSIC。どこでも好きな音楽を聴くことができるMUSIC+のデータフリーサービスです。

そんなLINE  MUSICのデータフリーは

  • ホーム、カテゴリー、検索、マイミュージックの利用
  • 音楽、音声の視聴
  • 楽曲のダウンロード

LINE  MUSICの注意するべきデータフリー対象でないものはありません。

MUSIC+なら気にせず利用できるというのは分かりやすくて良いですね!

LINEモバイルのデータフリー対象の5つのサービスで注意するべきポイントのまとめ

今回はLINEモバイルでデータフリーになるサービス(LINE、Twitter、facebook、Instagram、LINE  MUSIC)でデータフリーにならない注意するべきポイントまとめました。

データフリーにならないところ
  • 外部リンクへの接続
  • 投稿内にあるYoutubeなどの動画再生
  • Live動画の配信、再生
  • LINE payの使用
  • 公式アプリ以外の使用(Twitter)
  • Messengerの使用(facebook)

まとめてみると、意外と落とし穴が多いなと感じています。

公式アプリじゃないとダメとかLive動画の配信、再生とか。

それでもLINEモバイルのデータフリーは魅力的で実用的なのに変わりはありませんし、分かっていればそんな落とし穴に引っかかることもないはずです。

特にSNS使い放題というのはスマホ料金やデータ消費量に直結するので気にしたいポイント!

SNS使い放題の格安SIMを選ぶなら|カウントフリーでスマホ料金を安くするではLINEモバイルとDMMモバイルのSNS使い放題のカウントフリーに注目した記事を書いています。

しっかり理解して、最大限にデータフリーを使用していきましょう!


LINEモバイルに関して、いくつか記事を書いているので読むとさらにLINEモバイルついてわかります。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。