スマホ

【今さらきけない】格安SIMはなぜ安いのか?理由をわかりやすく解説

格安SIMとスマホ

格安SIMで格安スマホライフを送っているクロフネです。

テレビのCMや雑誌での広告などで目にする機会も増えて世間の認知度も格段にアップしました。

「スマホ料金が今よりも安くなるやつでしょ。」

そう!安くなるやつです。

キャリアから変更すると平均で月に3000円〜5000円ほどのスマホ料金が変わると言われています。

僕もキャリアから格安SIMの1つであるLINEモバイルにしたらスマホ料金が月に3000円ほど安くなりました。

安くなるのはわかりましたが、格安SIMがなぜ安くなるのか知ってますか?

そこには格安SIMが3大キャリアとは違う点がいくつかあるからなんです。

この記事を読むと格安SIMが安くなる理由がわかります。

知っていると「格安SIMって3大キャリアよりもお得じゃん!」と感じることができるので知っておいて損はないはず。

格安SIMの疑問をスッキリ解消していきましょう。

格安SIMが安くなる理由

回線をキャリアから借りているから

どの格安SIMも共通しているのは、自社の回線を使用しているわけではないことです。

au、docomo、SoftBankのどれかの回線を借りて使っているのが格安SIMの特徴。

借りているだけなので、電波回線の基地局の管理が必要ありません。

3大キャリアのスマホ料金には基地局の管理費用も含まれています。

管理費用がない分、スマホ料金を安くすることができるんです。

実店舗がほとんどなくインターネットで販売

一部格安SIMを取り扱う会社(MVNOといいます)を除いて、ほとんどがインターネットでの販売が中心になっています。

そのため実店舗がないMVNOではテナント費用や店舗運営の費用もかかりませんし、スタッフの人件費もかかりません。

販売・営業に関わる費用がかからないので、必然的に格安SIMが安くなるんです。

テレビCMなどの広告が少ない

これも一部MVNOを除いてですが、テレビCMなどの広告が少ないものが多いです。

いわゆる知名度がそんなに高くない格安SIMは広告がほとんどインターネットによるものが多くなります。

広告費が大幅に削減されるのでスマホ料金自体を下げることができます。

確かにCMで見かけるスマホの広告の8割くらいは3大キャリアだったなあと感じますね。

マイナーで知られていないMVNOとかはほぼインターネットのみで宣伝してそう・・・

そりゃ安くできるわけです。

基本使用料がそもそも安い

格安SIMは基本使用料がそもそも安いです。

UQモバイル料金プラン

格安SIMのスマホ料金は「基本使用料+オプション」というのがほとんどです。

ここでのオプションは電話かけ放題や端末保障などキャリアでは含まれて当たり前のものばかりです。

オプションを自分のスタイルで無駄を省くことができるのでスマホ料金を安くすることができます。

「電話はたまにかけるくらいだな〜」

という人だと「かけ放題」のオプションすら不要ですよね。

オプションをつけなければ基本料金+通話した分の料金のみなのでかなり安くすることができます。

【今さらきけない】格安SIMはなぜ安いのか?のまとめ

格安SIMが安いというのはよく見たり聞いたりするけど、なぜ安いかわからない。

そんな疑問を解消するために4つに分けて解説していきました。

格安SIMなぜ安いのか・・・

格安SIMが安い4つの理由
  • 回線をキャリアから借りているから
  • 実店舗がなくインターネットでの販売が中心
  • テレビCMなどの広告が少ない
  • 基本料金がそもそも安い

CMや実店舗を持ってバンバン宣伝しているMVNOを見ると、安くなる一番の要因は回線をキャリアから借りていることなのかなと感じます。

各地域に電波の基地局がなければ、スマホは繋がりません。

その基地局を維持するためにかかる人件費やメンテナンスにかかる費用は莫大な費用がかかっているものと考えられます。

基地局周辺のエリアの電波をコントロールするわけですからね。

最近、3大キャリアのスマホ料金が安くなるかもというニュースも出てきましたがまだまだ先は長そうです。

安くなる理由もわかったことですし、自分にあった格安SIMを見つけて今よりも安いスマホ料金にするのがベストです。

僕が使用している格安SIMはLINEモバイルです。

LINEモバイルの記事も書いているので参考にしてみてください。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。