スマホ

【レビュー】iPhoneXSを3ヶ月使ってわかった7つのよかった点

iPhoneXS

ガラケーからスマホにして以来iPhone一筋のクロフネです。

新機種が発表されるだけで話題になるiPhone。

出るたびに買っているわけではないけど、Androidスマホよりも馴染みがあるので使っています。

今使っているのはiPhoneXS

iPhone6→iPhoneXSなので、機能が格段と良くなりました。

機種変更して3ヶ月ほど経ち、iPhoneXSのことが良い点が分かってきました。

今回は僕が感じたiPhoneXSの良い点を紹介。

この記事を読むと

  • iPhoneXSを使用したリアルな感想が分かる
  • iPhoneXSの良い点が分かる
  • iPhoneXSにしようとしている人の参考になる

スマホ機器に強くはない僕だからわかったリアルな良い点を書いてます。

スマホに詳しくなくて「iPhoneXSにしちゃおうかな〜」となんとなく思っている人の参考になると思います。

iPhoneXSを3ヶ月使用して感じた7つの良い点

まず最初に僕が感じたiPhoneXSの7つの良い点をざっくりとまとめました。

  • 液晶が大画面でとにかくキレイ
  • 操作がぬるぬるでなめらかに動く
  • iPhoneXSのデザインが高級
  • カメラの画質がキレイすぎる
  • ポートレート機能で背景ボケが簡単に撮れる
  • バッテリーが長持ちでビビる
  • ワイヤレス充電が快適過ぎる

これらの良い点をiPhoneXSのスペックを紹介しながら掘り下げていきます。

液晶が大画面でとにかくキレイ

iPhoneXSの液晶はiPhoneXと同じ5.8インチの有機ELディスプレイを使用。

有機ELはテレビやモニターで使用されています

「有機ELってなんだ?」

って多くの人が思うはず。

簡単に説明すると発光の仕方が違い、今までよりもキレイに見えるというものです。

有機ELだと高画質でコントラストがはっきりし、黒色の発色が良いというメリットのおかげで液晶がキレイに見えるんです。

前シリーズのiPhone8と比べると画面サイズはこんな感じ。

iPhone8:4.7インチ

IphoneXS:5.8インチ

iPhone8の画面サイズはiPhone6、7から変わらないサイズで手にスンナリと収まる大きさ。

対してiPhoneXSは片手では収まらない大きさでした。

手が小さい人だと「iPhoneXSデカすぎ!」と思うくらいのサイズなんですが、それ以上に見やすくて画面が綺麗なので気になりませんでした。

操作がぬるぬるでなめらかに動く

iPhoneXSに変えて感動したのは操作性がすごく良かったこと。

一言で言うと、ぬるぬる

とにかくなめらかに動く。

「使ってみればわかる」心地よさがあります。

なめらかな操作性を生み出すのは最新のCPUが搭載されたことによるもの。

これによって

  • 文字の入力
  • 画面のスクロール
  • アプリの起動
  • アプリの切り替え

などの反応がすごく良くなりました。

反応が鈍くてストレスを感じることがほとんどないので、快適に使うことができます。

画面の操作性は保護フィルム次第で変わってきます。

僕が貼って良かったと感じた液晶保護フィルムの記事は【これは凄い】iPhoneXS・XS MAX・XRでオススメされていた液晶保護フィルムのAnker GlassGuardは簡単に貼れて能力も凄いで書いてます。

画面もしっかり保護し、オマケに安いという点でコスパも高くてオススメです。

カメラの画質がキレイ過ぎる

iPhone6からだと当然のようにカメラの画質がきれいになりました。

というかキレイ過ぎて溜め息出るレベル。

スマホがあればデジカメとかいらないんじゃないかってレベルでキレイです。

にわかが専門っぽいことをいうと、色の発色がすごく鮮やか。

まるで自分が見たままの風景をそのまま切り取った写真を残しているような気分になるので、一眼レフカメラを持っていなくてもすごくキレイな写真を撮ることができます。

ポートレート機能で背面ボケが簡単に撮れる

iPhone 8 Plusから搭載されたポートレート機能。

背面ボケの写真を簡単に撮ることができるようになりました。

一眼レフカメラでピントを合わせて〜とかいう動作をすることなく撮れるようになったのは本当にすごい。

ポートレート機能を使うと写真で強調したいものがはっきり写って、それだけでプロっぽい写真を撮ることができます。

おかげでカメラを使う機会が増えて、無駄にポートレートで写真を撮っています。

離乳食の写真とか飲んだ日本酒の写真とか・・・

バッテリーがこれまでよりも長持ち

これまでは使い倒したiPhone6だったのでそれに比べるとめっちゃ長持ちです。

iPhoneXSのバッテリーは2,658mAh。iPhoneXのバッテリー容量が2,716mAhなので比較すると容量が小さくなっているのですが、消費電力が抑えられています。

そのおかげでバッテリー駆動時間は30分長持ち。

電池の減りにストレスを感じなくなりました。

ワイヤレス充電が快適

iPhoneシリーズのワイヤレス充電はiPhone8から搭載されました。

これが本当に快適すぎました。

快適ポイントはケーブルがないことです

iPhoneを充電するコネクタ部分に抜き差しする必要がなくなります。

赤ちゃんや子どもがいるとケーブルに引っかかって危険ですし、そのような危険性がなくなるのも良いところです。

スタンド型ワイヤレス充電器だと

  • 通知確認も楽チン
  • 動画も見やすい
  • Face IDによる顔認証が簡単

この3つが充電しながらも快適に使用することができます。

出るたびに便利になっているのがiPhoneが長くヒットしている理由なんだと感じました。

【レビュー】iPhoneXSを3ヶ月使って感じた良かった点のまとめ

今回はiPhoneXSを使用して3ヶ月経った僕が感じたiPhoneXSの良い点を紹介していきました。

iPhoneXSの個人的に良かった点
  • 液晶が大画面でとにかくキレイ
  • 操作がぬるぬるでなめらかに動く
  • iPhoneXSのデザインが高級
  • カメラの画質がキレイすぎる
  • ポートレート機能で背景ボケが簡単に撮れる
  • バッテリーが長持ちでビビる
  • ワイヤレス充電が快適過ぎる

使う人の「こうすればよいのにな〜」というところをほとんど補っているスマホです。

3ヶ月経ちますが、快適に使用することができていますし「買ってよかった」スマホでした。

たしかにお値段は高いです。

僕は格安SIMのLINEモバイルでスマホ料金を抑えているので、それで機種代を補っています。

むしろお値段が高いだけあって高級感も出て、大事に使おうとい気持ちになります。

僕にとって、これまで手にとった中では最高のスマホです。

買うか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。