生活

【流行対策】医療職が教えるインフルエンザを予防する5つの方法【これだけでOK】

悩める人
悩める人
インフルエンザにかかりにくくなる予防法を知りたい!

辛くて苦しい症状が続くインフルエンザ。

できることなら絶対にかかりたくないものです。

この記事はこのような人にオススメ
  • 仕事を休めない人
  • 一人暮らしの人
  • 子供がいるご家庭
  • 過去にかかってもう2度とかかりたくない人

この記事は病院・健診機関で医療職として勤める僕がオススメするとっておきの予防法を紹介していきます。

テレビ・ネットとかで見たことがあることも書いておりますが、実際はほとんどの人が意識して行っておりません。

ここに書いてあることだけを徹底するだけで、インフルエンザにかかるリスクをかなり減らすことができますよ。



インフルエンザを予防する方法は5つ

インフルエンザ予防法
  • インフルエンザワクチンの接種
  • 人混みに近づかない
  • マスクをつける
  • 帰宅後の手洗いうがいの徹底
  • アルコールで消毒

「本当にそうなの?」と感じる疑問を解消する根拠を示していきます。

インフルエンザワクチンの接種

インフルエンザワクチンの接種の予防率は60%

インフルエンザワクチンを接種して予防するインフルエンザワクチンを接種して予防する

インフルエンザ流行の時期に入る前にワクチンの接種をする方が多いですよね。

ワクチン接種するだけでインフルエンザにかからなくなるの?

この疑問の回答は、ワクチンは絶対に効き目があるということはありません。

厚生労働省が発表した研究データではインフルエンザワクチンを接種した予防率は60%という報告があります。

この報告によって、インフルエンザワクチンを接種しないよりは接種したほうが予防できるよというのが証明されました。

ワクチンを接種するとインフルエンザの症状を軽減できる

ワクチンを接種したけど、インフルエンザになった人はワクチンが無駄だったということですか?

いいえ、全く無駄ではありません!

ワクチンを接種したことで、インフルエンザの重症化を予防できるというのも報告されています。

クロフネ
クロフネ
特に小さいお子さんやご高齢の方は接種したほうが良いですよ

アレルギーや病気などで摂取できない人もいるので、「接種したい!」と思ったら病院やクリニックに相談しましょう 。

人混みに近づかない

人混みに近づかない人混みに近づくのはやめるべき
人混みをなるべく避けましょうってよく耳にするけどなぜですか?

インフルエンザの感染経路に飛沫感染(ひまつかんせん)というものがあります。

飛沫感染とは、くしゃみや咳(せき)のしぶきが体内に入ることで感染することです。

人が多ければ多いほどそのリスクが高くなるので、人混みを避けるだけでインフルエンザになるリスク低くすることができます。

また、くしゃみや咳によるしぶきは1~2mまで飛びます。

1~2m以内にいれば、感染しても不思議じゃないんです。

インフルエンザの予防にマスクは必需品!

マスクは必需品インフルエンザ予防にマスクは必需品
どうしても人混みに行かないといけません。どうしたら良いですか?
  • 通勤電車
  • 会社
  • 買い物

など、人と接する機会を完全になくするのは難しいですよね。

マスクはインフルエンザにかかるのを防ぐのに必需品です。

自分の体内にウイルスを入れないために、鼻と口をしっかりとガードしましょう。

クロフネ
クロフネ
どんな人が感染しているかわからないので、外に出るときはマスクをするだけでも効果的ですよ

外出後の手洗い・うがいは大事

外出後の手洗い・うがいは大事

インフルエンザだけでなく、あらゆる感染症の基本の予防法が手洗いとうがいです。

接触感染といって鼻水やツバがついたものに触れた手から感染するからです。

手指や体についたウイルスを石けんや流水で手洗いすることで、物理的にウイルスを除去することができます。

外出して帰ってきたら手洗い・うがいは忘れずに行いましょう。

アルコール消毒は超有効!

アルコール消毒は超有効アルコール消毒は超有効

外出すると、結構な確率で不特定多数の人が触ったものに触れる機会は多いです。

  • エスカレーターの手すり
  • 電車の吊り革
  • エレベーターのボタン
  • 手にとったもの

外出したときに触れるものは「ウイルスが付いてるかも!」と思っておいたほうが良い。

物に触ったときに手洗いできれば良いのですが、都合よくトイレがあるわけじゃありませんよね。

そういう時は携帯用のアルコールスプレーがあると超便利です。

シュッと手に吹きかけて、揉み込むようにするだけでいつでもどこでも消毒可能。

医療機関でよく置いてあるポンプ型のものが置いてあります。

こちらは60gと軽量で持ち運び可能な携帯型スプレータイプになっています。

ジェル状タイプなので素早く馴染んでサラッと乾きます。

アルコール消毒の基本
  1. 乾いた手のひらに取る
  2. 手のひら、指先や爪の間にすり込む。
  3. 手の甲に塗り広げる
  4. 指の間、親指、手首にも。

インフルエンザ以外の感染症にも効果大のアルコール消毒薬です。

まとめ インフルエンザを予防するには5つの方法を徹底的に行うこと

今回はインフルエンザの予防法について紹介していきました。

インフルエンザの5つの予防法
  • インフルエンザワクチンの接種
  • 人混みに近づかない
  • マスクをつける
  • 帰宅後の手洗い・うがい
  • アルコールで消毒

ここに書いてあることをやれば、インフルエンザにかかりにくくなります。

大事なのは徹底的に行うこと!

ちょっとの油断がインフルエンザにかかってしまいます。

外出するときはマスクをするけど手洗い・うがいは適当だったり、アルコール消毒もしないという人が結構います。

しかし、インフルエンザの予防の基本は手洗い・うがい・アルコール消毒です。

アルコール消毒の習慣をつけるために、玄関に置いておくとサッとできて便利です。

インフルエンザ流行シーズンを乗り切るためにも今からしっかりとした対策をしていきましょう!


ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。