生活

【徹底予防】インフルエンザ対策は部屋の湿度の管理が大事|理想の湿度は50〜60%

インフルエンザの予防は湿度管理が大事

病院・健診機関で働いているクロフネ(@asnprpr)です。

インフルエンザにかかりたくない人
インフルエンザにかかりたくない人
家の中でのインフル予防策を知りたい!インフルエンザの弱点を教えて!

誰もかかりたくないのがインフルエンザ。

感染力が強いために毎年大流行しているのですが、インフルエンザにも弱点があることを知っていますか?

その弱点は湿度です。

インフルエンザの感染力は湿度によって変化し、多湿であるほど感染力が低下するというのが証明されています。

  • インフル予防に最適な部屋の湿度を知りたい!
  • 湿度をコントロールの仕方を知りたい!
  • 加湿する方法を知りたい!

このような疑問を解決していきます。

この記事を読んで実践するだけで、インフルエンザの感染力を低下させたお部屋にすることができます。

クロフネ
クロフネ
「普段から風邪を引きやすい」「インフルエンザにもうかかりたくない人は実践するだけで効果が上がりますよ!」



インフルエンザの感染力の強さは湿度で決まる

インフルエンザはカラッカラに乾燥したところでの感染力が最も強くなっています。

部屋の外は冬の寒さによって乾燥。

部屋の中はストーブやエアコンなどの暖房器具によって乾燥します。

部屋の外も中も乾燥した場所ではインフルエンザが活発に活動する湿度になっているんです。

これは1961年にインフルエンザの生存率が温度と湿度が深い関係を持つことをG.Jハーパー氏が論文「インフルエンザウイルスの伝染は相対湿度と温度に依存する」にて証明されています。

論文によると、インフルエンザは高温多湿の環境が一番感染力が低いということがわかりました。

特に大事なのは湿度で、50〜60%の湿度でインフルエンザの感染力が低くなると報告されています。

部屋の湿度をコントロールするには温湿度計を使おう!

部屋の温湿度計で湿度チェック温湿度計で湿度チェックも簡単

インフルエンザの予防に大事なのが湿度というのはわかりました。

湿度をコントロールするためにはどうしたら良いですか?
クロフネ
クロフネ
そのためには部屋の湿度がどのくらいなのかを知る必要があります。

部屋の湿度はデジタル温湿度計を使うとすぐにわかります。

壁掛けでもテーブルに置いても使えるので非常に便利。

湿度管理はインフルエンザ以外の感染症の予防にも大事になっています。

赤ちゃんやお子さんがいるご家庭ではぜひ買ってほしいものです。

そんなに高いものじゃないし、あって損はしませんよ!

部屋の湿度を上げる方法

湿度アップを目指す

顔がヒリヒリするような乾燥したお部屋はインフルエンザがすごく元気になる環境です。

部屋がカラッカラに乾燥しています。湿度を上げる方法を教えて下さい!

ここでは部屋の湿度を簡単に上げる方法を紹介していきます。

自分のお家のお部屋以外でも、ホテルの部屋に泊まるときや職場のオフィスでも使えますよ。

濡れたタオルを部屋に干す

お家なら簡単にできて効果的な方法です。

  1. タオルを水に浸す
  2. 絞って部屋に干す

たったこれだけでタオルの水分が部屋の湿度を上げてくれます。

タオルに含まれる水分が多いほど、部屋の湿度がグングン上がります。

しかし、あまりにも濡れていると水滴が垂れてしまうので注意が必要です。

クロフネ
クロフネ
洗濯物を部屋干しするのはインフルエンザ対策もできます。まさに一石二鳥です!

部屋干しする際は、嫌なニオイが残らない洗剤を使いましょう。

霧吹きを使う

部屋の湿度を物理的に上げるなら水を部屋にまけば良いのですが、そのまま部屋に水を打ち水のようにバシャバシャとはいかないですよね。

そんなときは霧吹きを使います。

カーテンに霧吹きを使えば、湿度を少しだけ上げることができます。

日当たりが良い日中のお部屋の湿度アップに役立ちます。

水を入れたコップを置く

これだけでも部屋の乾燥に効果があります。

原理は先程のタオルと同じですね。

コップの水が蒸発して乾燥した部屋の湿度を上げてくれます。

誰でも簡単にできますが、こぼさないように注意が必要です。

やかん・ケトル・鍋でお湯を沸かす

湿度を効果的に上げるには水分を蒸発させるのが一番です。

そのためにはやかん・ケトル・鍋でお湯を沸かします。

やかん・ケトルはお湯を沸かしたあとに蓋を開けておきます。

鍋は加熱するところから蓋を開けておくだけ。

たったこれだけでも、蒸気となった水分が部屋に広がって湿度が上がります。

加湿器を使う

濡れたタオルや沸騰したお湯を用意するのって正直めんどくさいですよね。

そういう人は加湿器を使いましょう!

自動的に湿度を保つことができて簡単です。

部屋を効率よく加湿させるには部屋の中心に置くのがベストです。

リビングに置くなら、デザイン性にもこだわりたいのでこちらがオススメ。

もちろん、機能性は充実している加湿器。

ここにボックスタイトルを入力
  • 除菌プラズマクラスター搭載
  • アロマ対応
  • 360°ミスト対応
  • 超静音
  • ベビーモード

30時間連続稼働、お手入れも簡単といったところからも安心して使える加湿器です。

まとめ インフルエンザの予防には湿度管理が大事!

今回はインフルエンザの予防するために大切な湿度について紹介していきました。

インフル予防の湿度のまとめ
  • インフルエンザは高温多湿が最も感染力が低い
  • インフル予防に適した湿度は50〜60%
  • 温湿度計で簡単に湿度チェックができる
  • 濡れたタオル、コップの水でも簡単に湿度が上がる
  • 湿度をコントロールするには加湿器が最も効果的

寒くなってきて、外も部屋の中も乾燥する季節となりました。

今からでもまだ乾燥対策は間に合います。

しっかりと湿度を上げて、インフルエンザを予防しましょう!



ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。