マンガ

【徹底考察】『五等分の花嫁』はなぜファンに愛されているのか?人気ラブコメになった理由とは

『五等分の花嫁』はなぜ愛される?

マンガをニヤニヤしながら読んでしまうクロフネです。

アニメ第2期の制作も決定し、その勢いは増すばかりのマンガ『五等分の花嫁』

SNSの反響を見ると、男女問わず幅広い人達の心を掴んで支持されています。

原作コミックスの発行部数も超右肩上がりです。

今回は『五等分の花嫁』がなぜここまで愛されるラブコメになったのか、僕の個人的な考えを元に語っていきます。

ちなみに僕は二乃三玖推しです。



ヒロインが五つ子という奇想天外な設定

『五等分の花嫁』の設定で触れずにはいられないのはこれまでのラブコメにはないヒロインが五つ子という設定です。

五つ子ヒロインと主人公の学園ラブコメ。

「何これ面白そう!」という興味が最初に出てくるはずです。

そこから読み進めていくうちに、五つ子のヒロインのそれぞれの個性が違っていることに気づきます。

だからこそストーリーが複雑に絡み合うんです。

五つ子全員が似ているけど全く違うというところが『五等分の花嫁』の面白さの原点となっています。

この5人のヒロインから結婚相手を1人選ぶというエンドが決まっている

これまでのラブコメは嫁となる確たるヒロインが決まっていて、そこにいろんな女性キャラがアプローチを仕掛けていくというのがほとんどでした。

主人公と付き合っていたヒロインが別れたとしても、月日が経つと元サヤに収まっているとか。

どのヒロインにもチャンスがありそうだけど、メインはどう見ても決まっているとか。

そのヤキモキした感じを楽しむのがラブコメの本質でした。

『五等分の花嫁』はその前提を覆します。

第1話の最初のページが結婚式の当日で、5人の中の誰かがウェディングドレスを着ているシーンから始まるんです。

物語のエンドが決まっているというラブコメなんです。

こういうシーンからスタートするラブコメは類を見ない作品です。

五つ子ヒロインが全員可愛い

ラブコメの大事な要素として登場するヒロインは可愛いかというのがあります。

『五等分の花嫁』のヒロインの五つ子は全員可愛いです。

それぞれのヒロインが愛される可愛さがあるというのが特徴的な作品。

そこには髪型やファッションという見た目だけではなく、性格や考えなど内面的な部分の可愛さが存在します。

ヒロインの女の子たちが見る人によって推しが違っているという部分に現れていると思います。

ここからは五つ子の各ヒロインの可愛さに注目していきたいと思います。

冒頭にも書いたように僕は二乃三玖推しですが、贔屓みなしに各ヒロインの特徴を書いたから安心してください。

長女・一花の場合

長女・中野一花(いちか)の特徴
  • 髪型はショートカット
  • クールビューティ
  • オンオフのギャップあり

性格は一言で例えるとサバサバ

細かいことは気にせずに行動するタイプです。

良く言うと自分の信念を曲げない意志が強いヒロイン。

悪く言うと自己中心的な考えを持つヒロインと言えます。

自分が1番得することを追求するあまり、主人公と他の4人の妹たちからの信用を無くすことになりますが、考えを改めて謝る素直さを見せます。

5人の中で長女ということもあって、お姉さん的なポジション。

普段と時より見せる甘えとのギャップが大きいキャラです。

女性読者の支持を集めるヒロインです。

~口コミ~

次女・二乃の場合

次女・中野二乃(にの)の特徴
  • 髪型はロング(後にミディアムショートへ)
  • イメージカラーは黒
  • ファッション番長
  • 料理上手

女子力が5人の中で1番高いのが特徴的です。

オシャレで料理上手で美人というのはお嫁さんにしたい女性キャラナンバーワンですね。

家族のことを誰よりも想っているあまりに、姉妹に危害が及びそうなことには敏感。

家庭教師として雇われた主人公・風太郎5人での生活を脅かすと思い、受け入れることに納得したのも1番遅かったのが印象的です。

自分の思いに真っ直ぐで、思い立ったら即行動といつも積極的なところが読者の支持を集めるヒロイン。

僕もそこが好きです。

三女・三玖の場合

三女・中野三玖(みく)の特徴
  • 髪型はセミロング
  • ヘッドホンに黒タイツ
  • クールでおとなしい
  • 料理は下手だけど努力するタイプ

5人の中で社交性が一番低く、5人の誰かに隠れているようなヒロイン。

何を考えているのかわからないミステリアスな雰囲気を持っていますが、実は戦国武将が好きという意外な一面を持っています。

5人の中で一番最初に主人公にデレました。

デレる前・デレた後の大きなギャップに「可愛い!!」と思った読者は多いことでしょう。

ファン投票で一番人気となっています。

主人公に「好き」という感情を一番最初に持ち、内向的な性格を乗り越えながらもアプローチする姿が多くの読者に支持を集めています。

『五等分の花嫁』の中では正統派ヒロインと言えますね。

僕が三玖の好きなところは成長していく姿が見て取れるところで、そこが可愛いんですよね。

四女・四葉の場合

四女・中野四葉(よつば)の特徴
  • 髪型はショートでリボンが特徴
  • 明るく前向きで天真爛漫
  • 運動神経抜群
  • 人の役に立ちたい気遣いすぎるヒロイン

いるだけで場が明るくなるヒロインの四葉。

姉妹を想い、主人公・風太郎に対しても協力的な存在です。

人の役に立ちたいと常に思って無理してしまいますが、そこが健気で可愛いという意見も多くありますね。

恋愛対象じゃないといいながらも、実は風太郎を意識しているという隠れた恋心を秘めているヒロイン。

そこが明らかになっていくことでますます人気が集まりそうなヒロインですね。

五女・五月の場合

五女・中野五月(いつき)の特徴
  • 髪型はロングで星型のピンが特徴的
  • 5人の中でまともな性格
  • 真面目で努力家
  • 食いしん坊ヒロイン

5人のまとめ役に回ることが多い存在の五月。

真面目で努力家、教師になるという夢を持っている王道のヒロインです。

主人公・風太郎とは犬猿の中で言われたことに根に持つタイプ。

四葉と同じく自分のことよりも他人の幸せを優先するところが好きな読者も多くいます。

喧嘩するほど仲が良いともいいますし、結婚相手に選ばれても不思議じゃありません。

5人並ぶとセンターにいますしね。

追加の女性キャラがいない

マンガのテコ入れの1つにキャラクターの追加というのがありますが、ラブコメだとこれが女性キャラが追加されることがほとんどです。

転校生とか後輩とか。

『五等分の花嫁』では10巻までに追加ヒロインが出ることはありませんでした(今後も出ることはないでしょう)。

5人の誰かまたは5人全員で話が進むのも、読者の支持を集める要因と言えます。

「このキャラの話いる?」というのを挟んでくることありますもんね

追加キャラの話で停滞することがないのも人気の要因になっていると感じています。

誰と結婚するのかを推理しながら楽しめる

顔が一緒で身体的特徴(主に胸)も変わらないので、主人公・風太郎を始め僕たち読者にも見た目で結婚相手を判断することができなくなっています。

読み進めていくうちに芽生えてくる5人のそれぞれの恋模様。

実は風太郎とは接点があったという過去。

この2つが物語のキーポイントになっています。

作者の春場ねぎ先生は誰と結婚するのかというのは最初から決まっていると公言。

ストーリーが進んで結末が変わるということはないとおっしゃっています。

そこを推理しながら楽しむことができるのも『五等分の花嫁』が人気になっているポイントでしょう。

まとめ 『五等分の花嫁』は愛される理由があって今後もさらに人気になる作品となる

読んで「面白い!」と感じるマンガは多くありますが、愛されるほどの作品ってどれほどあるでしょうか。

特にラブコメというコンテンツでは愛される作品となるのが難しい。

キャラの人気によって話が構成されることも多いし、エンドが変わることも多くあります。

なんだかんだいってこのヒロインを選ぶよねっていうのを思いながら、読んでいるというのもあるからです。

5人のうちの誰と結婚するのかは決まっている、でも誰と結婚するのか。

『五等分の花嫁』はこの根底が揺らぐことがないので多くの人に愛され、楽しまれているのです。

今後のコミックス、アニメ第2期もますます目が離せない作品になることでしょう。

リアルタイムで触れることができた素晴らしい作品をこの先も楽しんでいきたいです。



ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。