育児

1歳の誕生日に一升餅でお祝いしたよ!由来・意味合い・準備するものは?

餅を手に取る双子

双子のパパのクロフネ@asnprprです。

育児に励むママさん・パパさん、毎日お疲れ様です。

毎日の育児があってお子さんは成長していきます。

その姿に喜びを感じると思います。

先日、私たち家族の双子ちゃんも無事に1歳になりました。

子どもたちの1歳の誕生日のお祝いに撮ったバースデーフォトの内容と楽しむためのポイントという記事で書いたこと以外にもお祝いごとをしていました。

1歳になった子どもを祝う一升餅(誕生餅)というものがあるのを知っていますか?

古くから伝わる祝い行事の一升餅。

一生に一度のイベントで、子どもの成長を願うために行うものです。

今回はそんな大事な意味合いを持っている一升餅についてまとめてみました。

1歳になっていないお子さんがいる方は参考にしてください。

1歳の誕生日のお祝いは一升餅をやろう

一升餅って何だ?

1歳の誕生日祝いのイベントに何があるかなって検索すると出てきた一升餅

一升餅って何だろう…

当然の疑問ですよね。

まずはその疑問を解決します。

一升餅とは一升(約1.8キロ)のお米を使って作るお餅のことで、蒸してつくと実際は2キロほどの重さになる餅となります。

このお餅で1歳の誕生日を祝うことから一升餅と呼ばれ、他には誕生餅踏み餅とも呼ばれています。

一升餅のお祝いは一升(いっしょう)と子どもの一生(いっしょう)が掛かっています。

一生食べ物に困りませんように

これからの一生が健やかでありますように

これらの願いが一升餅には込められています。

一升餅の由来

生まれて1年目の初めての誕生日を祝う風習は古くからありました。

お餅をついて祝うことが多かったので誕生餅と呼ばれるようになりました。

この誕生餅には神様と子どもの結び付きを強めるための願いが込められていたそうです。

日本人らしい風習で素晴らしいですね。

この風習は地域によって異なっています。

子どもが1歳の誕生日の前後から歩き出すのは家を離れていくので良くないという考えの地域があったようです。

そういう地域では一升餅を背負わせて歩かないようにした風習がありました。

お餅の量が一升になった由来はここから来ていて、誕生餅を一升餅と呼ぶのが一般的になったそうです。

断定できないのは地域によってお祝いの方法や風習が違っているからです。

私の地域とあなたの地域では違った一升餅になっているかもしれない

ということになります。

日本って小さいけど広いみたいです。

一升餅のお祝い方法〜地域によってさまざまある〜

約2キロの餅をどうするのかですよね。

一般的に風呂敷に餅を包んで子どもに背負わせます。

餅を背負った子どもを座らせます。

その後は地域によって違います。

  • 餅を投げつける
  • 歩けなくなるまで餅を増やす
  • 餅を踏ませる
  • 餅を抱かせる

このようにさまざまあるようです。

投げつけるってすごい・・・

どんな風習にせよ、1歳の誕生日を祝うという点に変わりはありません。

実際に一升餅でお祝いしてみた

準備するもの

お米を準備して、餅をつきます。

「いや、やってられないわ。

ということでお餅屋さんに餅を頼みました。

私「一升餅お願いします。」

店員さん「二人分ですか?」

心の声「(二人分買ったら4キロの餅を買うわけじゃないですか。正月でもないのにそんなに餅を食べないでしょ。配るとしても4キロの餅をすべて配れるわけないじゃないですか。」

私「一人分でお願いします。」

2キロなので結構な重量感があります。

2500円ほどでした。

風呂敷ではなくリュックのように背負うことができるような布が入ってます。

前と後ろに入れるタイプでした。

一升餅を背負わせてみた

前と後ろに餅をバランス良く入れて背負ってもらいました。

ちょこんと座ってかわいい感じに。

つかまり立ちができるので支えながら立ってもらいました。

ガクガクガクガク。

そりゃあね。2キロだもん。立つのは無理でした。

写真撮影して、もう1人に交代。

先ほどと同じように立つのは無理でした。

予想はできていましたが、1歳になったばかりの子どもは一升餅を背負って立つのは難しいようです。

一升餅で祝ってみた感想

縁起が良いとされる餅を使って1歳の誕生日を祝うということを知らなかったので、斬新なお祝いごとだなと思っていました。

わざわざ餅を買うのもなあ〜とかも感じていましたが、やってみると楽しいです。

普段見ることができない息子たちの姿がありました。

お餅を見るのも初めて。

物を背負うのも初めて。

しかも2キロもあるものを背負う。

初めての連続で、見たことがない表情を見ることができました。

「1歳の記念に一升餅で祝ったね〜」

あとで振り返って思い出に浸ることができるくらいには充実した内容でした。

1歳の誕生日に一升餅でお祝いしたよ!由来・意味合い・準備するものは?のまとめ

一升餅のまとめ
  • 一升餅は子どもの一生を良いものとなるように願うお祝いごと
  • 地域によって由来や風習が異なる
  • 子どもがメインのお祝いごと
  • 準備するのは餅(当たり前だ)
  • 一升餅で祝うと子どもの見たことがない表情を見ることができる

お祝いごとなので願掛けとか風習とか由来とかそういうのはもちろん大事です。

しかし、子どもとわたしたち家族が手間なく楽しくできるかが大事です。

そういう点では「1歳の誕生日になったら一升餅でお祝いを!」というくらいには楽しめるイベントだと思います。

そこまでお金もかかりませんし、餅も保存できます。

何より焼けば美味い!

ぜひ参考にしてください。

こちらで買うと餅に名前を入れることができて一生モノ。

風呂敷もリュックもついてくるので使いやすいですよ。

ABOUT ME
asnprpr
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。