ニオイ

体の洗いすぎはニオイの原因になる!体臭を抑える正しい洗い方

洗い過ぎはニオイの原因、正しい洗い方を紹介

この記事はあなたが以下のようなことで悩んでいたら読んでほしい記事。

  • 自分のニオイが気になる人
  • お風呂にちゃんと入っているのに臭いニオイを感じたことがある人
  • 体臭を抑える体の洗い方を知りたい人

人間が不快に感じるものはいくつかありますが、代表的なものといえば臭いニオイです。

特に、体臭は不快指数が高いニオイ。

人と会うときに体臭がキツかったら相手はどんな思いをするでしょう。

「この人臭いなあ・・・」と思うはず。

そう思われたくない一心で、お風呂やシャワーで体を徹底的に洗うというのはありがちです。

しかし、徹底的に体を洗ってキレイにしすぎることで体が臭うことがあるんです。

最近問題になっているスメルハラスメントのトラブルをおこしたくないと思ってやったことが、かえって裏目になるという。

洗いすぎて臭くなるのにはちゃんと理由があるんです。

お風呂やシャワーでキレイにしすぎるほどニオイに敏感なあなた。

僕にそのニオイの原因を解消させてください。




洗い過ぎると体が臭くなる!その原因は3つ

ニオイに悩む男性
ニオイに悩む男性
体をしっかり洗ってるのに臭いとかあり得るの?

ありえなそうなことですが、洗い方とニオイには密接な関係にあります。

良かれと思ってキレイにしているのに、かえって臭くなるとか本末転倒。

そうならないために、洗い過ぎが臭くなる理由の解説です。




ゴシゴシと洗うことで皮膚にいる良い菌がいなくなる

皮膚には大きく分けて良い菌と悪い菌の2種類の細菌が存在します。

ニオイの原因は悪い菌が体から出る皮脂と汗に混ざって繁殖していることが原因、

良い菌は悪い菌の繁殖を防いだり、体の中に悪い菌が入り込むのを防ぐ働きがあります。

要するに、

良い菌の通称「表皮ブドウ球菌」という細菌は人の皮膚なくてはならない存在です。

体を洗いすぎるとニオイを作る悪い菌を退治する良い菌がボディーソープなどと一緒に流れていなくなるので、体が臭くなる状態を作っているんです。

洗うと良い菌と共に悪い菌もいなくって良さそうだけど実際は違う

ニオイに悩む男性
ニオイに悩む男性
洗えばニオイの原因を退治する良い菌が減るのはわかったけど、ニオイを作る悪い菌もいなくなるから臭くならないんじゃないの?

たしかにニオイを作る悪い菌もいなくなるから体を徹底的に洗っても良さそうに見えますが、これは間違い。

ニオイを作り出すのは悪い菌、黄色ブドウ球菌が原因です。

ニオイを作る材料となるのが体から出る汗と皮脂

どちらも単体ではそれほど臭くないのですが、この2つが混ざり合うとニオイに変わります。

特に皮脂は時間が経つと酸化されるため、臭いニオイになってしまうんです。

洗いすぎて皮脂が過剰に分泌される

人は汗をかき、皮脂が分泌されます。

洗い過ぎはニオイの材料となる皮脂を過剰に分泌。

その分ニオイの発生量が増えるので臭くなります。

ニオイ以外にも乾燥肌の原因にもなる

ゴシゴシ洗うと悪い菌を作りやすい環境を作り、乾燥肌の原因になります。

乾燥肌は皮膚がカラカラに乾いていて、皮膚トラブルの原因になりやすい状態。

全身の肌荒れやかゆみがあなたを襲います。

洗い過ぎは良くないことがわかった!それじゃあ正しい体の洗い方は?

ゴシゴシと力を入れずに優しく洗う

ニオイの発生源を抑える良い菌を必要以上に流さないように優しく洗いましょう。

良い菌は浴槽に浸かるだけで90%ほど流れるくらい簡単に皮膚からいなくなってしまういます。

ゴシゴシ洗いはなんと99%も皮膚から良い菌がいなくなってしまいます。

洗い残しを作らないことも大事ですが、自分の肌を大事に扱うイメージ。

タオルを使わずに手のひらで洗う

体を洗うのにボディタオルを使っているという方が多くいます。

しかし、そのボディタオルが洗いすぎの原因。

しかもタオルの繊維が固いので、肌を傷つける原因にもなります。

傷つくことで乾燥肌となり、痛みやかゆみを感じる可能性も。

洗うときに使うのは手のひらでOK!

優しく洗い流すだけで十分に汚れは取れます。

泡立てネットで作った泡で洗う

体を洗うのに必要な泡を泡立てネットで作って洗いましょう。

泡を肌に乗せて優しく撫でるだけでも汚れは取れます。

ちょっと濡れたタオルやスポンジで洗うと、肌をこするような状態なので肌を傷つける原因になります。

これも乾燥肌の原因にもなります。

オススメの泡立てネットはこちら。

  • 泡立てに手間がかからない
  • 一瞬で泡立つ
  • モチモチでしっかりとした泡

肌に優しい泡が作れるのがポイント。

体や顔を傷つけず洗うのに必須な泡立てネットです。

ニオイの発生源となるところを入念に洗う

人にはニオイの発生源となるところは皮脂量が多い部位汗が溜まりやすい部位です。

皮脂量が多いところは

  • ワキの下
  • 耳の後ろ
  • 背中

体のニオイといえばイメージがつくところもあれば意外な部分もありますよね。

耳の後ろとか気をつけていないと忘れてしまいそうな部分です。

汗が溜まりやすい部位は

  • 足の指と指の間
  • デリケートゾーン

この部位を入念に洗うことでニオイの発生を抑えることができます。

洗うだけで体臭が消えて、爽やかなシトラスの香りになるこのボディーソープがオススメ。

体の洗いすぎはニオイの原因になる!体臭を抑える正しい洗い方のまとめ

今回は体の洗いすぎがニオイの原因と正しい洗い方について紹介させていただきました。

体の洗い過ぎはニオイだけでなく、乾燥肌の原因にも繋がります。

洗い過ぎは厳禁!

  • ゴシゴシと力を入れずに優しく洗う
  • タオルを使わないで手のひらで洗う
  • 泡立てネットで作った泡を使って洗う
  • ニオイの発生源となるパーツを入念に洗う

自分の肌を洗うのは自分自身。

ちょっと気をつけるだけでニオイが消えます。

臭い人は人生を損します。

人の印象に残るのは見た目よりもニオイが大事!自分でできるチェック方法で詳しく書いてます。

正しい洗い方で体臭を抑えて、ニオイの悩みを解消してください。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。