スマホ

お風呂でスマホを使いたい!ジップロックVS防水ケース|コスパ最強はどっち

お風呂場でスマホを使うなら

どんなときでもスマホを使いたい人っていませんか?

男性の口コミ
男性の口コミ
スマホをお風呂場で使いたい!

普段使っているときと同じようには使えないので解決したい悩みですよね。

お風呂でスマホを使えれば、リラックスした時間を有意義にすることができます。

最近は防水のスマホ機種も出てきていますが、まだまだ少ないのが現状です。

というか、いくら防水であってもそのままお風呂に持っていくのはかなり危険。

水没させたら機種を交換するのに機種代を全額負担というのが目に見えてます。

お風呂でスマホを使うための代表的な方法としては

  • ジップロックに使用
  • 防水ケースに入れて使用

この2種類ありますが、この記事ではジップロックと防水ケースのどちらがコスパが良いのかを真剣に考えてみました。

お風呂でスマホを使う人向けの記事になっています。

お風呂でスマホを使うなら〜ジップロックVS防水ケース〜

ジップロックの良い点・悪い点

水や汚れに強くて馴染みのあるジップロック。

最初にジップロックを使う良い点をまとめました。

お風呂場でジップロックを使う良い点
  • 安い
  • 常に新品を使用できる
  • 本来の使用目的の延長で使用できる
  • サイズ感がピッタリ

ジップロックはなんと言っても安いです。

36枚入りと多めでも300円もせずに買うことができます。

安くて枚数も多く入っているので、常に新品を使用することができます

繰り返し使用しても良いですが、使用感が出るのでオススメしません。

ジップロックの本来の目的は保存したり、持ち運びが便利になることです。

冷蔵・冷凍保存のために買う人がほとんどでしょう。

その目的の延長でお風呂場で使用することが可能。

お風呂場で使うためだけにわざわざ防水ケースを買わなくて良いんです。

あとはサイズ感がピッタリなところ。

スマホの大きさにもよりますが、iPhoneXSではちょうど良いサイズ感で使用することができます。

続いて、ジップロックの悪い点

ジップロックの悪い点
  • 薄い
  • 浸水が心配
  • 安物感がある
  • 水滴が付いたときに使用しにくい
  • 公式に「スマホを入れて使用するな」と書いてある

使ってみればわかりますが、ジップロックはかなり薄いです。

その薄さから「本当に浸水しないだろうか」と心配になります。

使い捨ての物なので安物感がどうしても出てきます。

地味に痛いのはジップロックに水滴が付くと、操作性が非常に悪くなります。

濡れた手で使用したときも同様です。

一番痛いのは、ジップロックを販売している公式の注意点に「スマホを入れて使用しないでください」と書いてあるところ。

ジップロックに入れてお風呂場でスマホを使うならリスクを十分理解して使用しましょう。

僕はこれまでにジップロックに入れて使用して一切のトラブルはありませんが、ゼロではありません。

防水ケースの良い点・悪い点

防水ケースはスマホを守ることに特化したアイテム。

そんな防水ケースの良い点はこちら

ここにタイトルを入力
  • しっかりと防水
  • お風呂以外でもすぐに使用できる
  • ピタッとくっつかない
  • 防水以外の効果を持ったケースもある

防水ケースと言うだけあって、しっかりと防水します。

ちゃんとした防水ケースだとお風呂場だけでなく、海水浴やプールなどのレジャーでも使用することができます。

ジップロックだとよく起こるピタッとくっつくのがなくなるので、いつもと変わらない操作性でスマホを使うことができるのが強みですね。

良いケースを買うと防水だけでなく

  • 防塵(砂、塵に効果的)
  • 防雪(雪が降る場所に効果的)
  • 耐衝撃(落下に強い)

などの効果が付いてきます。

アウトドアでスマホを使う機会が多いのであれば、防水ケースを買って損はないと感じました。

対する防水ケースの悪い点

  • 防水ケースを買う必要がある
  • 防水ケースにも良いものと悪いものがある

という2点くらいしか思いつきませんでした。

たしかに防水ケースを買う必要があるのはちょっとめんどう。

女性の口コミ
女性の口コミ
今日、お風呂でスマホを使いたい気分なんだけど

という場面ですぐに準備するのは難しいです。

あとはどの防水ケースが良いのかという部分。

長く使えて、お風呂場以外でも利用できる防水ケースが良いですよね。

この2つの悪い点は前もって準備しておけば解消できます。

使用する場所がお風呂であれば、こちらの防水ケースで十分!

水深20mで30分間耐えることができる圧倒的な気密性を持っているので、浸水することがありません。

ケースによっては認証しにくい指紋認証とFace IDにも対応しているので、ロック解除のわずらわしさを感じることがありません。

お風呂以外でも大活躍!

プールや海で水没の心配がありません。

夏の海の美しさを撮るのにも絶対に役に立ちます。

お風呂の中でiPhoneでよくYouTubeを見る息子のために購入。

タッチパネルにも反応してとても便利だとよろこんでいました。

iPhone 8/7/Plusの指紋認証機能のTouch IDにも対応。

iPhone X/8/7 Plus、iPhone 6/6s Plus/Se/5/5s/5c等、6インチ(スクリーンサイズ)以下のスマホまたはその他同サイズの機器は全数対応。

注意として、指が濡れている時は、指紋認証とタッチパネル操作ができないことがあるようですよ。
あとは快適に使っているようです。

Amazonのレビューから引用

他にも多くのレビューがありましたが「完全防水で安心して使える」という声がほとんどでした。

値段に対してのコスパが非常に高いので、お風呂以外にも水中で使うのであれば絶対に買っておくべき防水ケースです。

ジップロックじゃ、プールや海では使えませんからね。

お風呂でスマホを使うなら防水ケースを使うべき

今回はお風呂でスマホを使うならジップロックと防水ケースのどちらを使うべきかというのをまとめました。

コスパを考えると

防水ケースを使うべきです。

その理由はこちら

お風呂で防水ケース使うべき理由
  • 買うだけで長く使える
  • ジップロックよりもお風呂の中で安心して使える
  • プールや海でも使用可能
  • 防水ケースがそこまで高くない

たしかにジップロックのほうが安いです。

でも気密性は防水ケースよりも劣っています。

何よりもジップロックの注意書きに「スマホを入れて使わないでください」と書いてあります。

ジップロックに入れて使って水没しても責任をとることができません。

安心感を得るのであれば、防水ケースのほうが絶対に良いです。

あとはプールや海などのレジャーの場面でも大活躍するというのが良いですね。

まだまだ夏は始まったばかり。

お風呂で使いながらもプールや海でも便利に使える防水ケースを買って楽しみましょう。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。