お酒

甘酒には2種類ある!酒粕と米麹の違いと含まれている栄養素をチェック

美味しい甘酒

最近、大きなブームになっているお酒ジャンルの1つである甘酒

栄養価も高く、健康に良いということから女性を中心に支持されている飲み物です。

みなさん、こんな疑問を持ったこととはありませんか?

甘酒ってお酒なの?

お祭りなどで配られる甘酒は子どもたちも飲んだりもしていますが、本当に良いのでしょうか。

今回の記事は甘酒の疑問を解消していく記事になっています。

  • 甘酒について
  • 甘酒の種類
  • 甘酒に含まれるアルコールの有無

これらがわかります。

甘酒にはアルコールを含むもの、含まないものがあるので要注意!

もしかしたら飲酒運転になるかも・・・ということも考えられます。

それでは甘酒についての疑問を解消していきます。

甘酒=お酒なの?酒粕と米麹の違い

甘酒には2種類ある

甘酒には大きく分けると2種類あります。

その違いとは

  • 酒粕
  • 米麹

どちらで作られているかによります。

この違いでアルコールを含むもの、含まないものかが分かれています。

農林水産省ホームページに詳しく書いております。

酒粕甘酒

日本酒は米、米麹に酵母を加えて作られます。

日本酒が作られる過程でできる絞りカスのことを酒粕といいます。

もろみと呼ばれるもので、少量のアルコールを含みます。

よって酒粕甘酒はお酒であるといえます。

酒粕で作られた甘酒を飲んでからの運転は飲酒運転になるので要注意!

絶対にやめましょう。

酒粕は栄養価が高いことで知られています。

酒粕の栄養素
  • タンパク質
  • 炭水化物
  • 食物繊維
  • ビタミン類
  • 有機酸
  • ミネラル類
  • アミノ酸
  • βグルカン
  • 葉酸

数種類もの栄養成分が含まれています。

米麹甘酒

米麹と甘酒

米麹は蒸したお米に麹菌を加えて作ったものです。

米から作られているのでアルコールは含みません。

よって米麹甘酒はお酒ではないと言えます。

米麹に含まれている主な成分です。

  • ビタミンB類
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • ナイアシン

こちらも多くの成分が含まれています。

飲む点滴!甘酒に含まれている栄養素

甘酒には多くの栄養素が含まれ、多くの効果をもたらします。

その主な成分と特徴をまとめました。

栄養素 主な効果
タンパク質 身体を作るのに必要な栄養素
炭水化物 エネルギーとして必要な栄養素
食物繊維 腸内環境を整え、便通に効果大
ビタミン類(B群) 身体を作るのに必要なビタミン
有機酸 乳酸を分解するクエン酸が有名
ミネラル類 髪とかに必要な栄養素
アミノ酸 身体に必要な栄養素
βグルカン 腸を整える、肥満を抑える

サプリメントで各々摂取できるものが甘酒に多く含まれているということがわかります。

そういう理由で甘酒は「飲む点滴」と言われているんです。

美容にも効果的なのはこれらの栄養素から来ています。

もっと細かく知りたい方はこちらを参考にしてください。

甘酒には2種類ある!酒粕と米麹の違いと含まれている栄養素をチェックのまとめ

今回の記事のまとめです。

甘酒についてのまとめ
  • 甘酒には2種類あること
  • 酒粕と米麹で作られた甘酒であること
  • 甘酒には豊富な栄養が含まれていること

この3つを紹介しました。

「甘酒ってお酒なの?」

という些細な疑問を解決することができました。

僕は日本酒が好きですが、甘酒を飲んだことがありません。

これをきっかけに甘酒を飲んでみようと思います。

身体にも良い「飲む点滴」ですからね。

気軽に買えて有名なところから始めていこうと思います。

お酒では日本酒の記事を書いています。

東北の日本酒は美味しくて日本酒好きの人に飲んでもらいたいですね。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。