ブログ

何度もadsenseの審査に落ち続けた初心者ブロガーが合格するまでにやったこと

Adsense合格に向けたポイント

ブログを始めた初心者が1つの目標にすることといえば

Google Adsenseの合格ですよね。

  • 自分が書いた記事の広告をクリックすることで収益が発生
  • 物販やアフィリエイトと違いハードルが高くない。

そういう理由で、合格を目指す人が多いと思います。

僕もGoogle Adsenseに合格することを目標に記事を書いていた一人でした。

しかし・・・なかなか合格できない日々が続きました。

審査リクエストした回数は数知れず。

そしてついに報われるときがきました。

このブログを始めたのは1月。

そこから3ヶ月かけて念願のAdsense合格です。

僕はAdsenseに合格するまで、先輩たちのいろいろな記事を読み漁っては実践しを繰り返しました。

しかし、記事によっては合格するための方法が違っていることが多々ありました。

どれを信じれば良いのかがわからないという負のスパイラルに陥っていたんです。

この記事を読むと

  • Adsense合格するために必須のポイント
  • ページを整える重要性
  • 記事を書く意味

この3つがわかります。

何度も何度も不合格だった僕でも合格できたポイントを紹介していきます。

なかなか合格できずにいるブロガーさんの役に立つことができたら嬉しいです。

何度もAdesnseに落ち続けた初心者ブロガーが合格するまでにとった行動

記事を書いて合格できるほど、Googleは甘くないということに何度も落ち続けてから気づきました。

まずはプログラムポリシーを読みましょう。

以下のポリシーは、すべてのサイト運営者様に遵守していただく必要があります。慎重にご確認ください。Google の許可のないポリシー違反があった場合、Google はいつでもサイトへの広告配信を停止したり、AdSense アカウントを無効にしたりする権利を行使できます。アカウントが無効になると、AdSense プログラムにはご参加いただけなくなります。

ポリシーは必要に応じて変更される可能性があるため、このページで更新情報を定期的にご確認ください。オンライン利用規約に明記されているとおり、最新のポリシーを確認して遵守することはサイト運営者様の責任となります。ポリシーの遵守に関して例外が認められるのは、Google から承認を得ている場合に限られます。

プログラムポリシーより引用

簡単にいうと、「プログラムポリシーに書かれていることをちゃんと守ってね」です。

プログラムポリシーを守れない人をGoogleはさせません。

そのプログラムポリシーの中でも重要なものはこちらです。

  1. コンテンツポリシー
  2. ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン

この2つをしっかり守ることが合格への一歩です。

コンテンツポリシー

僕は先程の挙げた3つの中でもコンテンツポリシーが一番重要だと感じました。

コンテンツポリシーの中にある禁止コンテンツ必須コンテンツはしっかり抑えておきましょう。

禁止コンテンツ

禁止コンテンツには以下のように書かれてあります。

アダルト コンテンツ
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

コンテンツポリシーより引用

自分のブログの内容は禁止コンテンツに該当していませんか?

書いてある記事が禁止事項になっていないかを確認しましょう。

アダルトコンテンツでは妊娠や出産などの医療アドバイスが禁止されています。

また、タバコに関連するコンテンツではタバコを販売しているページはダメ。

流行している電子タバコ類の販売はNGということです。

必須コンテンツ

Google Adsenseはプライバシポリシーを明記することが必要になります。

サイトのプライバシー ポリシーについて

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

  • 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
  • これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。

サイト運営者様のサイトや法律は国ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する具体的な文面を提案することはできません。サイトのプライバシー ポリシーを作成する際には、Network Advertising Initiative などのリソースを参考にされることをおすすめします。Cookie 使用の同意を得るための情報通知に関する詳細については、cookiechoices.org をご覧ください。

コンテンツポリシーより引用

「アクセスした履歴とかから広告が掲載されるよ」というのが書かれてなければならないということです。

「どうやって書けば良いのかわからない・・・」

調べると簡単に出てきます。

コピペOKの記事リンクをおいておきます。

【コピペでOK】プライバシーポリシーの書き方|AdSense・Analytics対策

ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン

次に大事なことは記事の質に関することです。

ユーザーと広告主様の利便性を確保するため、AdSense プログラムに参加するサイト運営者様はウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していただく必要があります。このガイドラインでは、Google でのサイトの検出、インデックス登録、ランク付けを考慮してサイトを作成するためのさまざまなヒントをご紹介しています。一般に、これらのヒントはユーザーの利便性向上に役立ちます。ガイドラインの内容は広範にわたるため、特に重要な情報をいくつかご紹介します。

  • サイトでは付加価値を提供するようにしてください。実質的に内容が重複している複数のページ、サブドメイン、ドメインを作成しないでください。
  • ユーザーが真っ先にサイト運営者様のサイトにアクセスしたくなるような、関連性の高い独自のコンテンツを提供してください。
  • 検索エンジン向けに作成された誘導ページや、オリジナルのコンテンツがほとんどないアフィリエイト プログラムのようなテンプレートを使用しないでください。

AdSense に参加しても、Google の検索結果でサイトの順位が向上したり、ウェブページが Google の主要なインデックス ボットによるクロール対象のページリストに追加されたりすることはありません。検索結果でのサイトの順位を向上させたい場合は、サイト運営者なら誰でも利用できるウェブマスター セントラルや Search Console をご覧ください。

これらのガイドラインに準拠していないサイトは検索インデックスから削除され、AdSense 広告が無効となる場合があります。サイトが無効となった場合は、ガイドラインに準拠するようサイトを適切に修正したうえで、サイトの再審査をリクエストしてください。

ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインより引用

要約すると「自分が書いたページを訪れた人に有用なページにしてね」ってことです。

いわゆる誰のためにもならないような日記とかはやめようということ。

例えば

お昼にラーメンを食べていたんだけど、お店が混んでいた。

並んででも食べたラーメンは美味しかった。

また食べたいな。

ラーメン最高!

これを読んで「すごい有用でした!」とは思いませんよね。

そういう記事を書くのはやめましょう。

また「自分にしか書けないオリジナルのページにしてね」とも書いてます。

丸パクリはやめて自分の言葉を記事にするというのことが求められます。

ページを整えた

必須ポイントを抑えてからやったことはページを整えたことです

「5記事でAdsense合格しました!」

「初心者でも合格できました!」

Twitterでこのようなツイートを見ると、ツイート主のブログを見にいってました。

記事が多くても少なくても共通して言えることはある程度ページが整理されていることでした。

  • ホームボタン
  • プロフィール
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

これらがあるだけでブログの印象が変わります。

ここにばかり凝るのも良くないですが、見ていて手抜きに思われないようなページにしましょう。

記事を書いた

基本中の基本ですが、他のことに気を取られすぎてませんか?

気を取られる原因として考えられるのは

「○記事で合格した!」

「初心者でも合格できた!」

とかでしょうか。

SNSをやっているとこれらは目にすることが非常に多いですよね。

「あの人よりも記事を書いているのにどうして合格できないんだろう」

とか思いますよね。

僕もそうでしたが、比較するだけ無駄です。

その悩んでいる時間で記事数や内容のボリュームを増やすことができます。

このブログがアドセンスを通過したときの記事数は18記事でした。

数はもう少し多かったのですが、内容が薄い記事を下書きにしていました。

自分なりにボリュームがある記事でリクエストしたら合格したといったところです。

記事数に関しては少なくても多くても関係ないのかなと。

その点を他人と比較するくらいなら書いた方が良いよってことです。

まとめ

今回の記事では何度もAdsenseに落ち続けた自分が合格までにやったことを紹介しました。

ここにタイトルを入力
  • コンテンツポリシー、品質に関するガイドラインを守った
  • ページを整えた
  • まずは記事を書いた

ここに書いてあることは基本中の基本であって、さらにこうしたほうが良くなるという部分もあるかと思います。

記事数や文字数に注意していても、プログラムポリシーが定める規定を守らなければ合格はできません。

初心者の自分もそうだったのですが、記事数、文字数を考えすぎていました。

その結果、プライバシーポリシーや品質に関するガイドラインが疎かになるというのが続いていました。

なのでAdsenseに合格したい初心者ブロガーはこの必須ポイントをしっかり読みましょう。

その上で、文字数や記事数を気にするのが大事なのかなと感じました。

この記事を見た方がAdsenseに合格してくれたら非常に嬉しいです。

ABOUT ME
クロフネ
普通のアラサーで2児(双子)のパパ。 毎日レベルアップするための記事を書いてます。 書評や映画レビュー、育児などの体験記。 良いものはドンドン紹介していく雑記ブロガーってやつです。